ブログのネタ

ブログのネタに困っている方にヒントを提供します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090908-00000053-san-soci

命ごいも刺し続ける 新橋殺傷、重体の女性死亡

命乞いさせて何度も指す死刑決定。

 東京都港区西新橋で8月、鈴木芳江さん(78)が刺殺され、孫の耳かき店店員、江尻美保さん(21)もナイフで刺されて重体となっていた事件で、美保さんが7日、入院先の病院で死亡した。殺人などの罪で起訴された無職、林貢二被告(41)は命ごいした美保さんを、追いかけ回して刺し続けたことが捜査関係者への取材で新たに判明。事件は裁判員裁判の対象となり、2人が命を落としたことから、死刑求刑も想定される。

  亡くなった江尻美保さん

 捜査関係者によると、林被告は「(事件当日の先月3日)朝、起きたときに美保さんを殺そうと決意していた」と供述。起床後、バッグに凶器の刃物2本、ハンマーを入れるなど明確な殺意を抱いていたことが新たに分かった。

 無施錠の玄関から侵入したところで鈴木さんに見とがめられ、「この人を殺さないと美保さんを殺せない」と思い殺害。

 2階ベッドで寝ていた美保さんに、「やめて」と命ごいされたが、廊下まで追いかけながら刺し続けたという。

 美保さんの周辺関係者によると、美保さんの意識が戻らない状態が続いた約1カ月間、美保さんの母親はショックから寝込む日が続いていたという。

 美保さんが亡くなり、友人の男性は涙声で「今は何も話せない」と漏らした。

【関連記事】
新橋ストーカー事件の女性死亡 初の裁判員「死刑」判断も
耳かき専門店店員の重体女性が死亡 西新橋殺傷事件
新橋ストーカー殺傷 祖母の通夜しめやかに
【衝撃事件の核心】“勘違い男”続出? 耳かき店の「ひざまくらマジック」は常連客をストーカーに変えた
キャバクラより…勘違い客殺到する「耳かきエステ」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。